花ギフト|フラワーギフト|フローリスト カノシェ|スタンド花|胡蝶蘭|

夏ですね~♪


P7125876

クリニックさんの受付に。 すずやかに 明るく。  りえ作。



税理士事務所さんの受付に。 ドライコーンなど日持ちのよいものをあわせて。 サワコ続けて。
P7125901



書籍会社様の受付へ。涼やかに。

19959167_1607417682603304_3



お中元に 医院さまへ。

P7125877



美味し処さんの 壁飾り。 今回は 海をただよう花クラゲ のイメージです♪

P7080061



出勤時 地下鉄から 地上にむかうと 熱風を感じ

毎年 ココロの中で ~情熱 熱風 セレナーーデ~と 歌いながら

あがります(笑 分かる方は 同じ世代♪)。



暑いからこそ 涼やかな緑に癒されたり

元気なお花に 勇気づけられたり



夏 元気に 過ごしたいですね






★★3名様限定! 豪華1万円の花束プレゼント★★.
★★LINEページはこちら♪ お花のクーポンキャンペーン中★★.
★★カノシェのフェイスブックページ★★.



応援クリックをいただければとても嬉しいです↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
★★フローリスト カノシェのホームページ★★.


保存


保存

植物 そして 花。


IMG_6797



新年 あけまして おめでとうございます!

みなさま ゆっくり過ごされていらっしゃいますか?

IMG_6806

お仕事によっては お正月休みはないのが当たり前のお仕事もありますし、

生産者さんは 元旦から 初花切り、、休まず 圃場にでていらっしゃる方も 多いです。




私は 自宅で ゆっくりして 夕方は kojiと 今年 どのように がんばっていくかを勉強会^^
色々な取り組み事項があがり 今年も がんばりがいがあります*^^*



IMG_6801

ここでは 自分の忘備録としても。。また みなさんに伝えたいこととしても
最近 読んだ 植物博士 牧野富太郎先生の ~なぜ 花は匂うか~から 

一部分をご紹介したいと思います。



私が近年 強く思っていたことを 先生が書かれいらして そうですよね!!と ふるふると 感動いたしました。

IMG_6802


長いですけれど 本 一頁分くらいです。ぜひ 読んでくださいませ。

::::::::::::::::::::::::::



なぜに世人は、いま少しく深く植物に興味を持たないのであろうか。



このように豊富なる草木の間に住んでいる人間が、その周辺を取り巻く植物に 興味を持つならば、
その一生を通じてどれくらい幸福であるか じつに計り知れぬほどである。



植物に興味を持つようになるのは その植物を知らねばならぬ、

多少似ても草木について知識ができれば、したがって趣味は生ずるものである。



世人はわが本業のかたわら、娯楽として草木に趣味を持つようにしたらどんなものだろう。



もし世人がしかせんものと思わば この趣味深き草も木もいたる処に吾人を待っている。
植物に趣味を持つようになれば 植物を愛するようになる。



植物は意味の深き天然物である。



この微塵の罪悪も含まぬ天然物を楽しむことから、どれほど 吾人の心情を清く かつ 尊くするかほとんど量られぬ。



醜悪なる娯楽より この清浄なる娯楽に点ずることは、人間として最もたいせつなることである。



吾輩は このごとく天然物を 娯楽の目的物として 大いに高潔なる心情を養われんことを世人にすすめたいのてある。



植物は生物である。

成長するものである。



これを好くようになれば それが可愛くなる、可愛く思うのは すなわち 慈愛心の発動である。

一たび発動すればこれを助長することができる。



すなわちついには 大慈悲の心を養うことができると思う。



人間同士に慈悲慈愛の心ができれば 世の中は無事太平である。



国平らかに天下治まるのである。



大にしては戦争 小にしては喧嘩、それは人間堂しに慈愛心 すなわち、思いやりがないから起こる。

思いやりの心を養うに、植物をその道具の一つに使うは もっとも当を得たものであると信ずる。


(後略)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



みんなが植物を育て 花を飾り 愛するひとに 花を贈り。。。

そこには 全く悪意は存在せず。。


本当に 平和で 愛に満ちた世界に近づくと 思うのです。



植物は 本当に 愛おしく また 神秘にみちた すばらしい存在で 

いつでも そっと そこに 在る。




日々歩く散歩道や 植物園で 足をとめれば そこには 驚くべき感動があります。


この素晴らしい植物たちを 花を 伝える仕事である 花屋という存在に出会えて 本当に 幸せだと思っています。 



今年も 花と 植物と 親しくし みなさんに その素晴らしさを 稚拙ながら 伝えていきたいと思う 元旦であります♪



★★3名様限定! 豪華1万円の花束プレゼント★★.



応援クリックをいただければとても嬉しいです↓




フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ


フラワーギフト専門店 フローリスト カノシェ.


心踊る♪ エディブルフラワー




IMG_4242

昨日は 日本エディブルフラワー協会さん主催のイベント ~楽しむエディブルフラワー~に 参加してきました。


カノシェの11月12日のイベントで みなさんにお花を楽しんでいただくためのヒントに 出会えるかも♪と 展示会担当の りえちゃんと すーちゃんと 3人で。


IMG_4241

写真は 最後の参加型イベントの スイーツ♪



薔薇のソフトクリームを搾ってくださって そこに それぞれ お花をトッピングしていきます。
IMG_4239

こちらの女性、歌舞伎町で 夜のケーキ屋さんをされていらして、エディブルフラワーを使った
かわいらしいケーキをたくさん 作られています。



こんなかわいいドールケーキも♪ ドレスの部分に バーベナを使っています。
IMG_4238

かわいいケーキの写真は こちらを ぜひご覧になって♪→


私自身は お花は 愛でているのが好きで お花は 食べなくても いい って 思っていました。
でも 折々 お花のスイーツや ドリンク、美しくお花に彩られたお食事などを 目にするにつれ、、  ああ、お花が そこに ちょこんといるだけで なんて 心が踊るんだろう!って。


お野菜やお肉 お魚にはない、彩りの美しさ 姿の愛らしさが やっぱり お花には あって。


ソフトクリームも ただ カップにソフトクリームを入れられたのと そこにお花があるのでは、
心の浮き立ちが 全然違います♪



オーダーした ドリンクやフードたち。

ペチュニアや ナデシコをポイントに。

IMG_4196
IMG_4199

IMG_4252



カクテルも ぐっと華やぎます。
IMG_4190



ジントニックも 淑女の装い♪
IMG_4204



アイスフラワーティ。
IMG_4193

これは バタフライピーというお花のお茶。
IMG_4210



レモンを搾ると 青から紫に変化していくのです♪

りんご酢などをいれても 美味しいそう。



アントシアニンが豊富で 抗酸化作用も♪




会場ではいただきませんでしたが マロウも同じように色が変化するの楽しいですね。
IMG_4211

IMG_4212

ただ 70度以上の高温になると色が 灰色がかるそうなので 少しさまし気味がよいそうです。


別のイベントで活躍したエディブルフラワーさんたち♪
IMG_4213

IMG_4209

なんて素敵なのかしら!

そうそう そういえば 丸の内の花のババロアも すごく人気みたいですね♪→



IMG_4208



:::::::::::::::::::::::::

あと おもしろかったのが こちら! お花の生産者さんの お花のちらし寿司対決!
IMG_4224

IMG_4215



新潟の生産者さんは 海の幸 シャケやいくら これに 黄色オレンジ系のお花たちを。
大きな黄色の花弁は ベゴニア。

IMG_4223

(昨日食べたお花の中では 3人一致で ベゴニア!すーちゃんは もっと食べたい!と)



高知は イタドリなどの山の幸 に ニチニチソウや ナデシコなどで 華やかに。

こちらに 柚子をしぼって いただきます。
IMG_4220



どちらか片方を いただけたのです。

私は ぱっとみて 新潟! と 即決めでしたが 並んでいるうちに 仲良しのお友達が 高知だし~柚子を搾るお寿司って 食べたことないし~と 高知に^^
IMG_4225

美味しくいただきました。


りえちゃんは 食べるお花も効能とかが しっかりわかると より いいなあと。

なるほど りえちゃんらしい。


私はもともと 何を選ぶにも 効能や機能より ときめくかどうか なのですが、確かに ワインとかだって 目にいいとか そういうのを きっかけに 人気が急上昇したりするから、お花も 効能もあったら それを伝えられるといいですね。



効能をえるほど むしゃむしゃ大量には 食べないとは思いますが、、

フラワーティなんかだと 大事かも♪
IMG_4236



お土産には フラワーティと アイシングクッキー♪ 嬉しいですね~♪
IMG_4251



とても 楽しいイベントでした。 楽しんだ後は さて 自分達のイベントの中でどうするか?
なんだかんだで もうあと 2ヶ月切ったので 急ピッチですすめていきたいと思います♪


こんなご紹介もありましたので 興味のある方は ぜひ♪→
IMG_4248

IMG_4249





★★3名様限定! 豪華1万円の花束プレゼント★★.



応援クリックをいただければとても嬉しいです↓




フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ


フラワーギフト専門店 フローリスト カノシェ.


ぼうけんものがたり。

と

(今日の落書き)

音楽を聴くことができない日。
無音の日。そんな日もあります。



重いカラダをふるいたたせて 久々の太陽さんが 傾いてきた頃
のろのろと 家をでる。

『藤はまだ 早いよね。ツツジでもみにいったら?』kojiは いつもフラットに優しい。

でも ツツジは 私には 強すぎて

初めての切手博物館へ。

目白の駅をおりると まだ早いはずの 藤が 少し色づいて 風にゆれている。

カノシェで 言うと 誰が 似合うかな。と 考えて ああ さっちゃんだな。

藤の似合うヒト  いいですね。

閉館前の切手博物館。
目にとまるのは やっぱりお花の切手。

今回は 球技をテーマにした展示がしてあり、親しんだテニスプレーヤーの切手も。
グラフや マッケンロー 往年の選手たちが 切手の中で 力強くプレイしている。
切手



帰り道。学習院の中から トランペット?の練習音。ど れ、み 、ふぁ、そ、ら、、、 らがうまくでない。


ど、れ、み、っっっっふぁ    今度は ふぁがうまくでない。

ど れ み ふぁ そ らあ

やっぱり ら で つまづく。


でも 私が目白へ歩くうち ちゃんと し、ど !まで 完成*^^* ほ。


道には なぜか 白秋の童謡が刻まれている。

咲き始めの 白いツツジが うつむき加減に咲いていた。


そして 驚くべく 帰りの電車で開いた本。その頁には 詩こそ違えど
北原 白秋 。。

でも、惹かれたのは 同じ本におさめられていた
丸山 薫さん。





さて ところで なぜに 切手博物館?

それには ストーリーがそれなりにあります^^

最近『絵封筒をおくろう』という本に すごーく吸い込まれました。

切手をモチーフに組み入れて描く封筒、、なんですが うまく説明できないな~。

文化出版局からでているので よかったら 見てみて。

めっちゃ わくわくしますよ。


それをきっかけに あ、むかし 切手を集めていたなあと。
日本昔話シリーズの切手とか、父に海外から贈られてくる封書の切手を 水につけてはがして、乾かして、、。

久々に 集めていた切手が見たくなり 押し入れをちょいとあさったけど 出会えず。

でてきたのは小学校2年生のときに書いた 
『うさぎと りすと ねずみのぼうけん』
うさぎ

お時間のある方だけ おつきあいくださいまし^^結構 長いです。


(冬のぼうけん)
あるところに うさぎのピョンコと りすの クリコと ねずみのチョロチョロという仲のよい三人ぐみがいました。

ある日、ピョンコが
『ぼうけんにいきましょう』と いいました。

『さんせい、さんせい』みんな いいました。

みんな いえに帰ってもちものをもってきました。

今は 、森の中です。 うすぐらい中を 歩いていくと きつねの ゴンがやってきました。 ゴンは わるがしこいきつねです。

みんなは それに気がついて クリコは 木の上、チョロチョロは あなをほって その中へ、   うさぎは 木にはのぼれません。 あなをほるには 大きいからだなので ほってるあいだに きてしまいます。

ああ とうとうきてしまいました。どうしましょう。

そうです。ピョンコは とびはねられるんです。
そして 木の上ににげました。

とうとう にげられました。 きつねは あきらめて あっちへいきました。(あっち?^^;)


きょうは テントの中で ねむることになりました。

『おやすみ』

やがて つぎの日。『おはよう。ごはんをたべてから いこうね』チョロチョロがいいました。

朝ごはんを食べてから でかけました。森をでました。雪がふってきました。
冬

みんなで かまくらをつくりました。冬は そこで すごしました。

(春のぼうけん)
やがて お正月がきました。
そして 春になりました。
春のめがみさまが、お花をばらまきました。

また ぼうけんに でることにしました。

お花ばたけを歩いていくと コンドルがいました。
いそいで とおりすぎようとすると
『やっと 今夜のごちそうをみつけたわ。ふふふふ』といって クリコをつかまえました。

『たすけて ピョンコ、チョロチョロ。』

『今いくわ。チョロチョロ いきましょうよ』
『いやよ わたし こわいわ』
『いいわよ。わたしだけでいくから』

といって コンドルの前へ とびでました。

『コンドルさん クリコさんをかえしてください』
と、うさぎのピョンコが いいました。

これでは チョロチョロも でていかないわけにはいきません。 

でていきました。
『おや もう一人いたかい。なんにんきたって だめさ。こんなにわたしの、こどもが、おなかをすかしているんだよ。ついでにおまえたちもたべようかね。』


二人は、一つ あとずさりしました。

そのとき、いのちの かみさまが たすけてくれました。

『いのちのかみさま ありがとうございます』
三人が いいました。
いのちの

かみさまは さっと 雲ににって いってしましました。

もう、夜になっていました。


:::::::::::::
春のぼうけん まだ 続くんですが 自分でも 思ったより長い(笑)

ので ここで 続く。で^^/



フラワーギフト フローリストカノシェはこちら♪
1 2 3 9 »

ホームページはこちら♪


友だち追加数
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新記事

ショップメニュー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © きれい!が大好き 花屋'S ダイアリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.