花ギフト|フラワーギフト|フローリスト カノシェ|スタンド花|胡蝶蘭|

月別アーカイブ: 2020年7月

エネルギーをくれる元気なお花たち

迫力のあるひまわりのアレンジ。お誕生日に。 ジュン作。

明るく やわらかさもあるアレンジで。ジュン続けて。

モダンに力強く。

-モダン~Violet Moonlight~ すー。

sakaseruさんを通した会社様のお祝いに。サワコ作。

 

★★3名様限定! 豪華1万円の花束プレゼント★★.
★★LINEページはこちら♪ お花のクーポンキャンペーン中★★.
★★カノシェのフェイスブックページ★★.



応援クリックをいただければとても嬉しいです↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
★★フローリスト カノシェのホームページ★

新作&お届けのお花たち

Burgundy  Box 新しい季節のサンプルです。

エネルギーをくれる赤と さわやかなグリーンをあわせて。 お互いを惹きたてある花達。

 

アーティフィシャルのネイティブフラワーも 新作追加しました。 プリザーブドのカテゴリからどうぞ→

ーNative Power ー 一点ものです。 ワタシ作。

 

こちらは プリザーブド。New ジュリエッタ ちか作。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

続いては 最近のオーダーから。 米寿のお祝いに。 けいこ。

お誕生日に。すー作。

お誕生日に。 あや。

サザン・ウィンド  すー作。

ちょっと今風 ハートビート。  はる作。

薔薇のみのハートアレンジ。  はる作。

 

ふわふわハート。私作。

 

★★3名様限定! 豪華1万円の花束プレゼント★★.
★★LINEページはこちら♪ お花のクーポンキャンペーン中★★.
★★カノシェのフェイスブックページ★★.



応援クリックをいただければとても嬉しいです↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
★★フローリスト カノシェのホームページ★

グリーンと遊ぶ/枝もの 葉もののご紹介

 

今日は 葉っぱの話など♪ まずは 葉もの 枝ものをあわせたシンプル活けをご紹介した後に 昨日店にあった 枝もの 葉ものたち色々をご紹介しますね。

気温の高いこの季節も 葉もの 枝ものは 丈夫で 水がにごりにくいものが多いです。

今回は 姫南天、シースター、利休草の三種をあわせてみました。

 

①枝もので 重さもあり、 緑の濃い南天を 花瓶の口の際近く 低く挿します。

 

これだけでもきれい♪

②葉の先が透けてみえる シースター ファンを重ねて挿します。

このとき 南天の葉をちょっとかきわけて  南天と一体化するように挿すのがコツです。

 

③リキュウソウを挿します。

 のびやかな曲線を 活かしてあげながら これも 南天 シースター をかき分けながら 茎をいれこみます。ねもとの方の利休草の葉の向きを整えてあげて 出来上がり。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

葉も 面がきれいなもの 直線がきれいなもの 曲線がきれいなもの わしゃわしゃした空間がうまるもの 透けて見えるもの つややかなもの マットなもの。。 その特徴はさまざま。 その特徴を愛おしんであげながら むずかしく考えず いけてみてくださいね。

こんな風に 花なしで 葉だけで 飾るのも 素敵でしょ*^^*

:::::::::::::::::::::::::

さてでは 昨日お店にあった枝ものから。

近年人気のドウダンツツジ。いい子にあたれば2週間~1か月くらい 飾れます。おうちに木陰ができて涼やかで素敵。

花瓶に この子だけで 充分いい感じになりますよ。

枝ものは 春先は豊富だけど 夏は ほんと 常時入るのは このドウダンツツジくらいかな と思いますが ちょろちょろと 他の子も。

:::::::::::::::::::::::::::::::

姫南天。

年末 お正月用の材料として 真っ赤な実がついた状態で 出荷されます。 葉っぱだけ 実だけで 出荷されることもあります。

そう 難を転ずる として縁起木でもあるので 新年を迎えるにもぴったりなんですよね。

ほんと 今のこの 世の中にはびこる 難 たちを ごろりっと 転じたいですね。

それぞれが おだやかな よき心持ちで いい言葉を使い よい気運を持つ植物や ものたちに 助けられ この世に いい「気」が静かに広まって

難 たちが 退散してくれますよう。。 。

アメリカリョウブ。

かわいい花付き。 こうした 花つきの枝ものは 給水スポンジに挿さず 花瓶にお水の方が 水揚がりがよく 長持ちします。

キイチゴ(木苺)ベビーハンズ。 赤ちゃんのおててみたいなので その名前。

ここまでが枝もの。 

ここから先は 葉もの。

青ドラセナ。スノーホワイト。

カノシェでは 常備品です。

赤ドラセナ。アイチアカ。

このまま使ったり 切り分けてつかったり 丸めて使ったり。

これもドラセナの仲間。

向かって左から パープルコンパクタ。ソングオブスリランカ。サンデリアナホワイト。

ドラセナ コンシンネ レインボー。この子と 上のアイチアカのみ 沖縄。 あとは みんな海外からの輸入です。

ハラン(葉蘭)。

とても日持ちのよい葉っぱ。お料理の下に敷いたりもされる葉です。

タニワタリ ラッフル。

このタニワタリ みずみずしさが魅力のはっばですが この子も非常に長持ち。

たまにしか会えない ワタシの好きな シースター ファン。

ドライフラワーにしても きれいに残ります。 シースターは ヒトデって 意味。

近くでみると シダの仲間だってことがよくわかります。

ミスカンサス。 垂れ下がらしたり くるくるまいたり 曲線をつけたり 遊べるコです。

斑のないタイプは ニラみたいに見えます。

 

リキュウソウ(利休草)。 明るい黄緑と やわらかな曲線が魅力です。このつるの先に きゅんきゅんします。

 

基本グリーンを楽しむのですが お花が咲いているときもあります。

アイビー。 アイビーも品種は とてもたくさんありますが これは 左がホワイトワンダー。右は染めで ハートピンク。

アイビーは 15-20センチくらいで 飾っておくと 根っこがでやすいです。 根っこがでてきたら そのまま飾っておいてもいいし 春先や 秋の気温のおだやかなときに 土に植え替えてあげてもいいですよ。 生徒さんも レッスンでつかったアイビーを 土に植え替えて どんどん増やしたりしています。

このほかに 丸葉ルスカス や レザーファンといった アレンジメントの土台を カバーしてくれるグリーンも重要です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

花屋の仕事としては こんなところでも 活躍しています。

 スタンド花の土台には こうした ドラセナや ヤシ はらん タニワタリなどが とっても重要です。

花屋の仕事としての 葉っぱはさておき、みなさんに ぜひ 家で 切り枝のグリーンや枝ものも 楽しんでいただきたいなあと♪ 鉢植えの観葉植物とは また違った表情を 楽しむことができますよん♪

★★3名様限定! 豪華1万円の花束プレゼント★★.
★★LINEページはこちら♪ お花のクーポンキャンペーン中★★.
★★カノシェのフェイスブックページ★★.



応援クリックをいただければとても嬉しいです↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
★★フローリスト カノシェのホームページ★

ファーストフラワー

みなさんにとって 最初の「お花の思い出」 って なんでしょうか?

ファーストフラワーって 言葉は たぶん正しい言葉ではないけれど、ファーストキスならぬファーストフラワー♪  やん♪

私は 思い起こすと、、5歳のころに一年間だけ住んでいたマレーシアのお庭の ハイビスカス のような気がします。

あらやだ もう 50年近く前なんて 私も ずいぶん 大きくなったもんだわ 笑。

あの頃は 一般サラリーマンの日本人がマレーシアにいくと お金持ちみたいな大きなお家に住み きれいなお庭があってなんと 家政婦さん 庭師さん 運転手さんがいるのが 普通なのでした。(転勤奥様たちは 帰りたくなくなっちゃったことでしょう^^;)

青い空。芝生がきれいな庭には ヤシの木と バナナの木と ハイビスカス。ヤシの実を 庭師さんがとってくれて 飲むかい と差し出されたけどイヤイヤをした気がします。。 なんとなく 未知のものを飲むがこわかった。


今は なんでも食べちゃう大喰らいの私ですが 小さな頃は 偏食がひどい痩せ細った子供でした。

杉並→新宿で育った私は 小児喘息で ベッドで 本ばかり読んでいたのですが マレーシアでは気候のせいでしょうか 喘息がほとんど起きませんでした。

そうそう グリコのキャラメルが大好きで 具合がひどくなると阿佐ヶ谷に住んでいた祖母が 大人買いしたグリコのキャラメルをもってきてくれるのが 嬉しかった。

阿佐ヶ谷の祖母の家で。 昭和のテレビの上の 椿は おそらく 母のアートフラワー。小さなワタシの頭の後ろに見えるガラス戸の中には食器が入っているのですが お台所と 繋がっています。下の棚には 二つ折りの ちり紙が 入っていたなあ。


そして マレーシアで 拾った 宝物の 赤い実。
あとから アカシアの実だと おそわったけれど 本当かな?今でも 小さな宝箱の中に しまってあって きれいなままなんですよ。


日本に戻ってきてからの 花の思い出はおままごとによく使った ハハコグサ。 

やわらかい 質感。黄色い小さなお花が 心に浮かびます。きれいだった近所の大きな桜の木が 急に切り倒され 横たわっているのをみたときに とてもショックをうけたこと、、

そのころ 母は 飯田深雪さんのアートフラワーを 作っていて 家には 生花 というよりは 母のつくったアートフラワーが よく飾られていたのを 思い出します。


それから 一気に 大学のころまで 私は お花とは 縁遠い毎日を歩みます。
続編は また あらためて♪

★★3名様限定! 豪華1万円の花束プレゼント★★.
★★LINEページはこちら♪ お花のクーポンキャンペーン中★★.
★★カノシェのフェイスブックページ★★.



応援クリックをいただければとても嬉しいです↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
★★フローリスト カノシェのホームページ★

1 2 3 »

ホームページはこちら♪


友だち追加数
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最新記事

ショップメニュー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © きれい!が大好き 花屋'S ダイアリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.