窓

(イギリス館)

日にちは あっという間に 過ぎますね。
先週の木曜のお休みに kojiと横浜まで 行ってきました。
遅く起きた朝、お部屋を片付け、次の日の注文をし、お客様にメールのお返事をし、、なんてやっていると、出かけるのも遅くなり、ちょっと駆け足で、5つの洋館をみてきました。
今回テーマは 『フランスの美と日本の心が織りなす新和洋式のnew life style』

カラー

(ラリックの花器に、、、カッコいいですね~!)

去年の展示より ちょっとおとなしめだったようですが、
『ライフスタイル』というテーマからすると、より 現実には近かったのかもしれませんね。

(山手111番館)
パフィオ

時を経た木や しつらえの 存在感、味、、
こんな家に 住みたいな~。。。

菖蒲が自然開花している時期に、、書家の方の作品とともに。
菖蒲


ちょっと 口の中にほろ苦さを感じます。
ピンポンマム


こちらは 山手234館。
オーガニックで育てられたバラ『パサディナ』新潟のしだバラ園さんのお花と紹介されていました。
パサディナ


ここの2階に展示されていた ジアンの食器。私のツボ!お家の壁に飾りたい♪
お皿


モダンな会津塗が主役の空間。
漆


エリスマン邸では、金沢にゆかりのある九谷焼を主として、和を色濃くうちだした中に、クリストフルというシルバーウエアのきらめき。
着物


ベーリックホール。
ロマンティック

すっかりアールヌーヴォー!日本の輪島塗と合わせて。
オードブル


曲線の美しさを とくと感じました。ここのディスプレイ、一番好きだったかな^^
鉄砲



ちょっと早足で見ちゃったけれど、やっぱり こういうのは もっと じっくりゆっくり、、がいいですね。毎年テーマをかえて開催されているようなので、みなさんも来年はどうぞ!


応援 ポチ!今日もよろしくね~☆
にほんブログ村 花ブログランキング







お時間ありましたら、こちらも、クリック、お願いします~♪
ランキングバナー人気blogランキング



フラワーギフト フローリストカノシェはこちら♪